katokanako

プロフィール

大阪府豊中市出身。4歳でアコーディオンをはじめ、全日本、全仏アコーディオンコンクール優勝。その後、6枚のアルバムをリリース。繊細かつ大胆な蛇腹扱いが最大の魅力。 女性トップアコーディオン奏者として活躍。ヨーロッパを中心に人気が拡大しているRolandの電子アコーディオン V-Accordeion(FR-1/FR-1X)のイメージアーティストとして、 イタリアでプロモーションDVD、撮影を行う。

ここ数年は、東京演劇アンサンブル「忘却のキス」10日連続公演、映画「治療休暇」のサウンドトラック、Le Balluche(France)、ヨーラン・モンソン(Sweden)など海外の ミュージシャンとの共演、NHKの番組では大御所演歌歌手との共演など…<かとうかなこ>のアコーディオンの演奏スタイルを支持する制作関係者が多い。

また梶浦由記「FICTION II」 のアルバムへの参加、ジュスカ・グランペール、チチ松村とのライブでの共演など、ジャンルを超えた活動を展開中。

これまで、これから

4歳からアコーディオンをはじめる。

小学生・中学生のコンクールで優勝。小学生の頃からテレビやラジオに出演する。高校生の時にアコーディオンコンクールで総合優勝を果たす。

高校卒業後、フランスへ。

日本国内でアコーディオンを学ぶ学校が無かったため、フランスパリに2年間留学。 さらに本格的に学ぶ為、オーベルニュー地方のアコーディオンの専門学校へ。 300人中50人がアコーディオン奏者という村で、アコーディオンと、自然しか向き合えない環境で2年を過ごす。在学中に様々な部門で全仏コンクールで第1位を獲得する。 フランスの日本人アコーディオン奏者として、大きな話題を呼ぶ。

フランスのシャンソンや、ミュゼット

帰国後、フランスのダンス音楽「ミュゼット」や、「シャンソン」を中心としたアルバムをリリースし、コンサート活動を開始する。コンサート活動をする中、多くの出会いや発見があり、 アコーディオンの蛇腹が人間の息遣いや感情表現に近い事を再認識。

オリジナルで気持ちをアコーディオンに託す。

オリジナルを書き始め、11名のアーティストが参加したアンサンブルアルバム『ひだまり』(2004年)を、またアコーディオンの完全ソロアルバム『独奏』(2007年)をリリース。 2009年に かとうかなこが、行き着いたのは、クラシック的なスキルではなく、またフランス音楽でもない、 感情を楽器に委ねた『なみだ』というオリジナル曲を中心としたテーマ。 80歳を超えても アコーディオンを弾き続けることが目標。